2005年11月03日

アビエイター

タイタニックでイメージが焼きついてしまったレオが復活をかけた映画。

 

ハワード・ヒューズの生き方は、賛否両論ありますが、青年実業家の生き方のひとつだと思い、魅入りました。

現在ではとても同じことはできないことではあるでしょうが、思い切った行動には目を見張りました。

 

この映画。

個人的にとても好きです。

すらすら〜とのめり込んで、観れちゃうんですよね。

楽しい、面白いという感覚ではなくて、魅力的って感じなのかも。

 

レオは・・・こういうちょっと壊れた感のある人物をやって、王子的イメージを少しは払拭できたのかもしれません。

日本ではたぶん払拭できてないと思いますが。

posted by かげちよ at 10:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | Hobby>映画
この記事へのコメント
お帰りなさい。
アビエイター、見たい作品ですね。
タイタニックのイメージかぁ。
払拭にはもう少しかかりますかね。
Posted by きんちゃん at 2005年11月03日 20:21
>きんちゃん
ε=(ノ‥)ノ ただいまっす。
って、月曜には帰ってきて、普通に会社にいってましたけどね(;´Д`A ```

もう彼は永遠にタイタニックのように沈んでしまうのでしょうか?
Posted by かげちよ at 2005年11月05日 17:12
お帰りなさい^^

Posted by 踊り子ママ at 2005年11月15日 10:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。